春季西日本訓練チャンピオン決定競技会


日時 2006年2月26日
主催 日本警察犬協会 広島中央支部
場所  竹原流通工業団地

多紀ちゃん  沙羅ちゃん  カイ カイ たらちゃん  多紀ちゃん  沙羅ちゃん


初めて参加する広島の競技会。
道中は慎重に慎重を重ねて、前日の3時過ぎから出発して予定通りに高速のSAで車中泊。
夜から天気予報は雨の通り、一晩中、嵐のような雨風で車が揺れる揺れる。
明日の競技会は思いやられるだろうなと思いながら夜明けを待つ。
カイは時々、鼾をかいて寝ている。
他にも競技会に行く車が停まっているようで大型犬が4頭程、排便に出ていた。
そして鳴き声も〜。

さて、いよいよ夜が明けて現地へ向かう。
雨は小雨になったり雨脚がきつくなったりの繰り返し。
運良く迷わずに現地にたどり着く事ができた。
会場では雨の中、競技会関係者の方達が一生懸命に準備をされていた。


手前が2部服従、奥が3部服従、1部選別会場 本部 左側が2部服従、右手が2部選別会場


いよいよ競技が開始になり1時間後に雨の中だが、、カイの様子はどんな感じか、3部服従に出ることに!
案の定、カイは地面のぐちゃぐちゃ状態では座るのを嫌がり、優しく言っていては座らないのでつい焦る私になり、
きつい口調になるわ、不安になるわ、で「気持ちの良い服従」を目指してきたのにそれは何処へ〜!!!
停座がある毎に審査員の目が光りしっかりと見られる・・・。
ダンベルを持ってきても座らず立ったままだし、座らせても又すぐに立つ。
障害飛越もスタート地点で何回も立つ。
散々だった〜!!
最後の審査員の方のコメントもなし〜!



すごい落ち込みのまま、しばらく車の中で他の人の競技を見学した。
お昼の時間が迫ってきて、「2部選別の人は至急出してください」のアナウンスが。
雨もやんできたので、いっちょ気合いを入れて出よう!と、、レンコートを脱ぎ、選別の練習をしてから出る。
待っている間も地面の臭いを熱心に嗅ぎ出した。

ショックを入れてようやくスタートの場所に行くと審査員の方が「水がましな所を選んですわってね。でもそんなとこないか〜!」と!
見ると1面が池状態だった。
ここでもカイに渇を入れて座らせる。
1回目、「持って来い」でスタートしてすぐに地面の臭いを嗅ぎ始めたカイ。
「こらっ!持って来い〜! 探せ〜」と大声を張り上げる。

おかげでカイは私を振り返りやっと台まで行き迷わずに布を持ってきて正解。
2回目も三回目も「探せ〜!」を大声で言って必死の私だった。
自己臭なので、カイは臭いはわかっているので、簡単に3番の前に行き、すぐに3番を咥えてくるという状態だったので
一瞬、まちがいか?と思ったが3○でほっとした。

その後、しばらく休憩してから午前中の最後の時間あたりに2部服従に出た。
選別で大分叱っているのでカイのテンションも低い事と心配したが、これが少し効いて3部服従よりはましだった。
雨もやんでいたこともあるし。
スタート地点は見事にぐちゃぐちゃなので審査員の方は「ましな所からスタートしていいよ」と言ってくださり、線よりも
前をスタート地点にしてくださった。
なんか、夢中のままに終えた。

審査員の方の最後のコメントは「全体的に服従がよく入っているんだけれど、機敏性がない。ダンベルもあれ程元気で走っていくんだけれど、持ってくるときにトロトロと来る。もっと喜んでくるようにしてください」と言われた。
ほんとにその通りである。

元気さ、機敏さを重要視されるPDなので納得である。

今回、沢山のペアの競技を見る事ができた。
人と犬とが一体となって競技されているペアを見せていただくと
本当に感動する。
御互いに信頼感が現われていて素晴らしい。
自分はどれだけカイを信じているだろうか?
自分にいろんなおもいを持ち、感じた競技会でした。

次女さんが写して下さったカイの写真を見ると何だか胸が
あつくなってくる。
内容は私のまずさで一人テンションが低くなっていたが、カイは
カイなりによく頑張った。
カイ、おめでとう&ありがとう

結果

3部服従(アマの部) 91.7  CH(R)
2部選別(アマの部) 98.7  CH


今回、こういう内容にとても塞ぎ込んでしまったが、これも良い経験。
やはり参加して良かったと思う。
今回の経験を参考に前進できるようにがんばらなくっちゃ!

次女さん、れいまま、今日はお世話になりありがとうございました。
自分の事だけで必死の私なのに、写真を撮っていただいて本当に感謝しています。

次女さん&沙羅多紀ちゃん いつも仲良しコンビ





SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO